札幌の輸入認定中古車・BMW専門店 BODEN(ボーデン)

社長Blog 「北海道にBMWの良さを広めたい!」札幌のBMW専門店・インポートカーBODEN(ボーデン) 橋本圭一の社長日記

2019.08.23シリーズ・i8を使い倒してみる

【BMW i8を使い倒してみる】なんだか凄く気に入ってきちゃった件

みなさまこんにちは!

札幌のBMW専門店 インポートカーBODENの橋本です。

 

まだまだ暑い日もありますが、朝晩は涼しくなって、もう夏も終わりますね。

 

さて、本シリーズ【BMW i8を使い倒してみる】ですが、題材に反して全く使い倒していませんでしたので(笑)、、、せっかくの北海道のいいシーズンですし、、足代わりに使っていたアウディもポルシェも売れてしまったものですから、、この機会にとことん使ってみようと思いまして、、ここ1ヶ月は毎日乗らせていただいております。

 

 

・・・ふむふむ。

 

あらためて見ると、やっぱりカッコイイじゃありませんか!

スーパーカーが持つ『オーラ』的なものをプンプン放っています。

 

よく、考えてみたらこんな車に毎日乗れるなんて、なかなかないもんね。

それに、仮にお金が有り余っていたとしても、、わざわざ1500CCのハイブリッドカーを買わないよな。たぶん。

 

ポルシェとか、フェラーリとか、マセラティとか、、そっち方面行くよね。。お金持ちは。

 

 

ですので究極のBMW愛を持った人しか乗らない希少な車に乗れる、という幸せを噛みしめつつ使ってみようと思います。

 

 

・・・とは言っても、平日週1日しか休めない中小企業の社長ですからねー、、、主な使用用途は、「通勤」。

なかなか悲しい現実ですが、しょうがないです。

 

 

通勤路は片道8キロ。ほぼ渋滞です。

EVモードでガソリンを使わずに済んでしまうので、退屈です(笑)

 

 

ちょうど甲子園もやってましたしねー、家のテレビで見てて、、白熱した試合なんかだとついつい見入ってしまい、、

 

 

「やべー、そろそろ会社行かないと飯島店長に怒られる〜。」

 

 

なんて思いながら車に乗り込みます。

 

 

テレビなんて軟弱なものは付いてないですからね、、スポーツカーですから。

ラジオでいいんです。

余談ですが、私は野球の実況中継はラジオの方が好きなんですよ。アナウンサーの実況を聞きながら映像を想像しながら聞いてる方が面白く感じます。

 

 

「さーて、、試合、どうなったかなー?」

 

 

なんて思いながら4月に乗り出してから4ヶ月目にして初めてラジオボタンを押してみました(笑)

 

 

「アレ?・・・・アレアレ?』

 

 

 

なんと!

 

 

「AMラジオがない〜!!」

 

 

マジかよ〜。。。いくらスポーツカーとはいえそこまでスパルタンにしなくたっていいじゃん〜。。。

はじめて見たよ。。。AMラジオが付いてないクルマ。

昔のクルマ、、商用車とかトラックとかはよくAMラジオしかついてなかったけどネ。。

 

 

 

「・・・・しょうがねーなー。。」

 

 

「こないだフラリと寄った二木ゴルフで勢いで買わされてしまった、ゴルフ練習器具の取り扱い説明DVDを見ながら出勤しよう。。倉本昌弘、好きだったんだよな〜。。ポパイとか言われてて、メッチャ飛ぶんだよな。コイツ。ファミコンのゴルフゲームはコイツばっか使ってたっけ。。」

 

 

DVDを取り出し、スロットに差し込もうと・・・

 

 

「アレ?・・・・アレアレ?』

 

 

・・・私は音楽はiPhoneをブルートゥースにつないで聴いているので全く気づかなかったのですが、、そういえば4ヶ月間一回もCDを使ってなかったんです。

 

 

「DVDが再生できないとかそういう以前に、、CDのスロットもないじゃねーか!!」

 

 

「ムムム・・・CDやDVDなんてサイズがデカイ記憶媒体じゃなくてコンパクトなUSBメモリにしてそれをクルマに挿して利用しろ、ということか・・。」

 

 

「2000万も出してラジオとかCD付いてないクルマが納車されたら日本人は怒りそうだけどね。。ドイツ人の合理主義、、恐るべし!」

 

 

・・・ヨーロッパや北米市場ではすでに「Apple Carplay」が何年も前から導入されていてスマホをモニター上で操作できるから、、それが一番スマートでしょ。。ってことですね。

動画見たいならスマホから見ろってことか。。

 

 

「Apple Carplay」は日本仕様ではやっと最近新型の5シリーズと7シリーズに導入されたみたいですが、早く対象車種を増やしてもらいたいですネ。。。

 

 

まあ、甲子園を聞きながらとか、、ゴルフの解説ビデオを見ながら運転するとか、、いかにも日本のオジサンがやりそうな運用は想定していない、というか、、、

 

 

そういう運用したいヤツはクラウン乗ってろ!!

コイツは本物のスポーツカーだからな!!!心して乗れよ!!

 

 

というBMWの「タマシイの叫び」が聞こえてくるようです(笑)

 

 

・・・・ちなみに、昨日甲子園終わっちゃいましたけど、、スマホの「ラジコ」とかのアプリ立ち上げて、ブルートゥースでつないでやってみたら、、聴けましたよ。今日。

 

 

AMラジオ。「大野よしまさの気分上々ワイド」。

 

 

聞きたくね〜!・・俺は星稜高校の奥川くんの快投が聞きたかったの!!!・・・って感じですが(笑)

 

 

 

・・・そんな感じで通勤には毎日使っているのですが、なかなか遠出する機会がない。。

 

 

 

8月の夏休みで1週間の休みがありましたもので、、

 

 

「たまには旅行に使ってみるか・・!」

 

 

と、思いまして、、旅行・・といっても帯広の温泉に入ってゴルフして帰ってくるだけの一泊旅行ですが・・・に使ってみました。

 

 

二人分のゴルフバッグはなんとか積み込み完了。。

荷物は最小限にして、ギリギリトランクの中にボストンバッグを押し込みます。

 

 

・・・一泊か、二泊の旅行ならなんとかいけますね。。

 

 

走り出すと・・・小さなボディに狭い室内空間のクルマですが、、そこはやはりBMW。

フェラーリなんかと違って、、ゆったり流しても、結構本気で走っても、、まったく疲れを感じさせません。

実用性を犠牲にすることなく普通に走れます。

 

 

このクルマ・・・・やはり速いですねーー。

 

 

高速に乗って、ギアをスポーツモードに倒して、「ふんむ。」とアクセルを踏み込むと猛然と加速しだします。たぶん前に乗っていたV10のM6より速いんじゃないでしょうか。

 

 

帯広に行くのに、札幌から千歳あたりは片道2車線。

 

 

よく、高速道路の右車線(追い越し車線)を100キロ+αでゆったりと流している方がいらっしゃいます。

 

 

私は彼らを「110キロジジイ」と呼んでいるのですが、彼らのロジックはたぶん、こうです。

 

 

「日本は法定速度100キロの国だ。+αの110キロで走ってるんだから文句言うんじゃねーよ。その110キロで走っているオレを抜くってことは法令違反だからな。だから文句言うんじゃねー。俺は誰も抜かさせないし、右車線は譲らないゼ。」

 

 

その「110キロオヤジ」に対し、、

 

 

「・・・右車線を延々と走り続けるのも、「通行帯違反」だからナ。右車線は追い越す為の車線だからナ。オレは他のクルマを追い抜く為に、「瞬間的に」スピードを出してるだけだ。分かったらどけよ!」

 

 

・・・と伝えるのに、パッシングはちょっと強めな意思表示な感じだし、、最近流行りの「あおり運転」って思われるのも嫌だしなー。。。スモールライトだけ点けて、、猛然と迫ってみるか・・。

 

 

・・・・これはi8に限らず、後ろから猛然と迫る欧州車はなかなか威圧感がありますよね。

 

 

強情な110キロオヤジも、おののくように道を譲ってくれます。

 

 

「・・・やっぱり速いクルマはいいねー!・・・あ、でも宮崎とかいうあおり運転野郎のせいでBMWの印象がすごく悪くなってるからなー。。譲ってくれたお礼のハザードでもつけてみっか・・。悪いな、オヤジ。これはアオリじゃねーからな。速いクルマの特権だからな。。」

 

 

 

千歳から先は片道一車線。前のクルマに追いついちゃった時は、十分に車間を空けてノンビリとEVモードで走ります。

 

あんまり近づくと、律儀に道を譲ってくれようとして路側帯でスローダウンする車がいますから。

良かれと思ってやってくれてるんですが、、あれやられると、路側帯のジャリが跳ねあげられて飛び石になるんですよね。。

 

 

定期的に現れる、追い越し車線。

 

 

たまに、「1250メートル」なんていうかなり短めな追い越し車線もあったりします。

 

 

2、3台パスして、、「そろそろ追い越し車線が終わるよ」の合図が出始める頃、、200Mくらい先にもう1台。

 

 

「・・いけるか?」

 

 

「おりゃー!!ふんむ!!」

 

 

ターボの強烈な加速に加えて、聞いたことのないような金属音が・・・!!

 

 

「ヒュイーーーーーーン!キーーーーーーーン!!」

 

 

背中はシートに押し付けられて更に急激な加速が・・・!

 

 

あっという間にパスして、余裕をもって本線に合流。

 

 

 

「なんだコレー!!?メチャクチャ速っ!!しかもかっちょえー、この音シビれる〜!!」

 

 

 

 

40代以上の方しか分からないと思いますが、、、

 

 

「サイボーグ009(ゼロゼロナイン)」の島村ジョーの得意技、、「加速装置」が発動した時のカッコ良さといえばわかりやすいでしょうか・・(全然わかんねーよ!・・と言われそうですね 笑)

 

 

奥歯を噛むと加速装置のスイッチが入り、瞬間的にマッハ5(だったかな?)に加速が可能というこの装置。

 

 

まさにそんな感じで「瞬間的に」加速するんです。

 

 

・・・あとで調べたんですがね、、「eブースト」なる急速な加速を要する際に電気モーターから最大限の出力が供給される仕組みがあったようです。

 

 

・・・これは凄かったです。

普通の内燃機関はエンジンの回転アップと共に徐々にパワーが上がりますからね。

ある程度アクセルの開度で想定の範囲があるわけですが、、

 

 

この「eブースト」は凄い。

ゼロだったものが、いきなり100になるような、、、極めて「デジタル的」な加速です。

 

 

マフラーから流れる、多気筒エンジンの「官能的」な高音も素晴らしいけど、、

この電気モーターのフル稼働時の「刺激的」な音も感動してしまいました。

 

 

ハンドルは切った分だけしっかり曲がるし、、軽量カーボンボディだからブレーキは恐ろしいほどよく効くし、、なによりこの刺激的な加速。。

 

 

「なんだよ、コイツ。。プリウスの速い版か・・?こんなんに2000万も出すんなら300万のプリウスでいいんじゃね?」

 

 

・・・・なんてちょっとだけ思っていたんですが、通勤だけに使っていたら分からなかったことが、いっぱい分かりました。

 

 

コイツは「本物の」スポーツカーであり、スーパーカーですね。

 

 

なんだか凄く気に入ってきてしまった。。

 

 

 

先日、、千歳のアウトレットモールで開かれた、輸入車のイベントがあったんですけどね、、

 

 

そこにデモカーとして、置いておいたんですが、見に来られる方みなさんが笑顔でクルマを見たり、触ったり、乗ってみたり、写真を撮ったり、、。

 

 

こんなに色々な人を笑顔にする力って、凄いよね。

 

 

クルマ離れが叫ばれてはいますが、やはり格好いいクルマは乗っていて楽しいし、見ているだけでもワクワクする。。

 

 

このi8に限らず、、BMWって「カッコイイ」ですよね。

やはりこの「格好良さ」が所有する歓びだったり、運転する楽しさにつながっていますよね。

 

 

一人でも多くのお客様にBMWの良さを知ってもらいたい、そしてワクワクするような人生を送ってもらいたい。

 

 

あらためてそれを感じさせてくれた夏休みでした。

 

 

みなさまのご来店、お問い合わせお待ちしております!!

カテゴリ

カレンダー

«   2019年8月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

Go to top