札幌の輸入認定中古車・BMW専門店 BODEN(ボーデン)

社長Blog 「北海道にBMWの良さを広めたい!」札幌のBMW専門店・インポートカーBODEN(ボーデン) 橋本圭一の社長日記

2019.01.21BMWの話題

ポルシェとBMW

みなさん、こんにちは!

札幌のBMW専門店 インポートカーBODEN(ボーデン)の橋本です。

 

 

1月も20日を過ぎてしまいましたが、やっと新年1発目の投稿です(スミマセン・・)。

どうぞ今年もよろしくお願い致します。

 

 

仕事柄、BMWの正規ディーラーの方とも懇意にさせていただいておりますが、その営業の方が先日色々と教えてくれました。

 

 

・新モデルのX2が、ディーゼルエンジンの設定がないので販売が苦戦している。

 

・X1はガソリン車が売れていないので、今後ディーゼルエンジンのみになるかも。

 

・新型の3シリーズ(G20型)は一部のホットモデルを除き、基本的にはディーゼルエンジン車が基幹モデルになる。

 

 

・・・などなど、

 

 

「BMWはディーゼルメーカーになっちゃうんじゃないの?」

 

 

というような話で、、

 

 

「BMWも大メーカー化を目指して、拡販するためにより広いターゲットを狙っているんだね。。」

 

 

と最近感じております。

 

 

そりゃ、10-15年くらい前までの、、

 

 

「伝統のストレートシックスこそがBMW。走りを追求したFRレイアウトの車だけを作り、リニアな応答を阻害するターボエンジンは使わない。」

 

 

という、「とんがった」方向よりも、「万人受け」する方が販売台数には貢献しますよね。

 

 

でも、、「万人受け」するということは、「他人と一緒。ツマラナイ。」につながる訳で・・・。

 

 

このところの、、FFも出すし、ほとんどターボエンジンだし、4WDモデルがどんどん増えて来ているし、エンジンはディーゼルがメインに。。。

 

 

という方向性は、、「面白いクルマ。」としてはどうなのかな・・・と。

 

 

思ったりしております。

 

 

弊社、インポートカーBODEN(ボーデン)は、、

 

 

「お客様のワクワクする人生を提供する。」

 

 

会社と定義しておりまして、、決して「BMWの販売店」ではないと思っています。

 

 

ですので、BMWが「ワクワクするような車」を提供し続けていれば、弊社は「BMW専門店」であり続けるのですが、、

 

「ツマラナイ車」しか出さないメーカーになってしまうとしたら、果たしてBMW専門店にこだわる必要があるのか?と自問自答したりしています。

 

 

 

「面白いクルマってなんだろう・・?」

 

 

と考えた時、頭に浮かんだのがこのポルシェ。

 

 

私はポルシェに乗ったことがないのですが、、20年位前、、元職場のG社の埼玉県春日部の店長だった時、、お客様から買い取らせていただいて、思い出に残っているのがこの「ポルシェ911(タイプ964)」です。

 

 

私が28の時で、、店長になりたての新米店長でした。

新規オープン店だったのですが、、オープン3日目にこの車が査定に来ましてね。

その時が1998年。当時で5年落ちのポルシェがいきなり来たものだからビビリました。

今は、ネットで大体の相場は瞬時にわかりますがね、、当時はインターネットも黎明期だったんで、、金額出すのにカーセンサーの雑誌めくったり、、自動車新聞に乗っている相場情報を調べたり、、。

 

 

それでも分かんないから、G社本部の査定部っていうのがあるのですが、、そこに聞いたりして買い取りましたよ。

確か600万円とかで。

 

 

今、考えると素人丸出しなのですが、その911、当時では珍しい4WD(カレラ4)で、ルーフがタルガトップ(屋根が取り外しできるやつ)。

 

実はその当時のポルシェで最も人気がない組み合わせでしてね。。

それを、ノーマルルーフのカレラ2(RR)の値段で買い取っちゃた。。

 

オークションに出品しましたが、買った金額の150万円位下までしか、応札が入らないし、、大赤字で売るわけにもいかないから、、、「少し赤字でもいいから直接買ってくれるお客様を探そう。」と思ってお店に戻しました。

 

 

結局、半年くらい置いてましたが、買い手もつかず、、最終的に本社から強制売却の命令が来て、200万円位の赤字をだしたんですケドね。。

 

単に置いとくのもアレだったんでね。。

毎日通勤に使ってました(ホントは会社の禁止事項だったんだけど、もう時効だからいいでしょう 笑)

 

 

まだ5年落ちの911でしたが、、その当時でも内装は古臭くて(たぶん1960年代のデビュー時とデザインは変わっていない)、、メチャクチャ狭いし(ポルシェを着るっていう言葉がよく分かりました。まあ、私がデカイのもありますが)、、これが1000万円以上するクルマかよ!?って最初は思ってたんですケドね。。

 

 

いや〜、、最高に面白かったんですよ!!

 

 

なんか、毎日の通勤が楽しくてね。

エンジン始動する時に毎回ワクワクする。

空冷エンジンのあの独特の音色。

ドアを閉める時、「ガキン!」ていう金庫みたいな音が鳴る、いかにも硬そうなボディ。

 

 

 

 

楽しかったなー。

強制売却で持って行かれる時、、赤字のペナルティで給料下げられる悲しみより

 

「・・もう乗れないのかー。。」

 

ていう悲しみが大きかったですね(笑)

 

 

 

 

話はそれましたが(笑)、、

 

 

その思い出もあって、、

 

 

 

「ポルシェ、、実験的に置いてみよう」

 

 

 

と、思ったわけです。

 

 

 

ポルシェ・カイエン GT-S(初代・後期モデル。2008年)

 

 

 

ポルシェ好きの方から、、「こんなのポルシェじゃねーよ!!」

 

 

 

と怒られそうですが、、、。

 

 

だって、、911高いんだもん。。実験的に仕入れるにはちょっと。。

謎に高騰してますしね。。空冷エンジンは。

 

 

私が1998年に600万円で買い取った、さっきのカレラ4のマニュアル。

たぶん今、オートオークションで買うと、、下手したら1000万円以上します。

意味不明です。

 

 

カイエン、、格好いいし、4WDだし、走破性高いし、、

 

 

「これなら売れるだろう。」

 

 

と思って仕入れてみました。

 

 

 

 

 

感想はね、、、、。

 

 

 

「こんなのポルシェじゃねぇ!!!!」

 

 

 

です(笑)

 

 

ポルシェらしい、キビキビした走りと、ヒュンヒュン回る気持ちいエンジンを勝手に想像していたんですがね。。

 

 

エンジンはV8ですが、アメ車チックな仕上がり。

ポルシェはカイエンのためにこのV8を新規開発したらしいのですが、、

ドロドロした、、いかにもV8って感じ。

BMWのV8の方が、断然イイ!

 

 

足回りもキビキビとは程遠いしね。

 

 

いい車ですよ。カッコイイし。

 

 

ただ、昔のBMWや、ポルシェのような「ワクワク感」はない。

 

 

分かりやすい速さと、、押し出しの強さと、、派手さ。

 

 

・・・・これは、アメ車の格好良さですね。

コルベットとか、マスタングとか、キャデラック・エスカレードどか。

全く同じような感じを受けました。

 

 

まあ、このカイエンのお陰で、ポルシェは倒産を免れたと言われていますし、

今もポルシェの屋台骨を支えているのは、このカイエンであり、マカンですので、やはりポルシェも「ワクワク」よりも「万人受け」を狙ったということでしょうか。

 

 

弊社の社有車で、レンタカーとして活躍しているX5(2009年。2代目。後期モデル)

 

 

カイエンに乗ってみた結果、、コイツの良さを逆に見直すことになりました。

 

ずっと645iや、M6など、スポーツクーペに乗ってきたので、たまにX5に乗ると、、

 

 

「やっぱりSUVって感じだよなー。イマイチ。。」

 

 

なんて思っていたのですが、、カイエンと比べると、エンジンは全く異質でヒュンヒュン回るし、、足回りもキビキビと、、ハンドルを切った通りスパッと曲がるし、、いいんですよ、X5。

 

このX5は直6のターボですが、、以前V8のX5のエンジンに乗った時も凄く良かったですしね。

 

 

 

それと、もう1台仕入れました。

 

ポルシェ・パナメーラカレラ4S(初代。2009年)

 

 

・・・コイツはね。正直言うと、、、かなり良かったです(笑)

 

 

 

 

内装もオシャレだし、かっこいいし。。

 

 

エンジンはカイエンと同じV8なので、イマイチですが、、

 

 

足回りは、、イイ!

 

 

2トンを超える重さなのに、グングン曲がる。

 

 

2トンオーバーの大型サルーンという点で、BMW・7シリーズと同格なワケですが、7シリーズは少しイカツイ感じがするのに対し、このパナメーラは、なんかいかにもお金持ちが乗りそうなセレブな感じもありますしね。。

 

 

ちょっと浮気しそうになりました(笑)

 

 

・・・・ただ、、、、高い!!

 

 

2009年の7シリーズが、200万円前半から購入できるのに対し、、

 

このパナメーラは450万円。。

 

 

10年落ちの中古車に450万円。

なかなか好きな人じゃないと出せないかもしれないですね。

 

 

私が先日お客様に購入いただいたBMW・M6も360万円位でしたし、

 

 

「100万も安いなら、M6の方がいいよなー。200万円安いなら7シリーズって凄いお買い得だよな。。」

 

 

・・・って思いますね。

 

 

・・・などと考えていると、、

 

 

BMWの良さをあらためて実感した次第です(笑)

 

 

他のメーカーにはない、、キビキビとした走りを唯一実現するSUV。Xシリーズ。

 

ディーゼルエンジン搭載のF10・523D。だけど走りはかなり楽しい。

 

 

などと考えると、、万人向けを狙っているとはいえ、、やはりBMWは真面目なメーカーで、、、

 

 

すべての車に(FFベースのX1・X2はどうかと思いますが。。)

 

 

「走る歓び。」

 

 

を注入し続けているのかなー、、と思います。

 

 

ポルシェの仕入れは止めて、、あらためて

 

 

「BMW専門店」

 

 

として、お客様の「ワクワクする人生」の提供の為に2019年も頑張っていきたいと思います。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリ

カレンダー

«   2019年1月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

アーカイブ

Go to top