札幌の輸入認定中古車・BMW専門店 BODEN(ボーデン)

商品ポリシー POLICY

厳選に厳選を重ねた車両だからこそ、自信をもっておすすめできます。

修復歴車や10年落ち、10万キロオーバーの車両は販売致しません。
オークション評価点4.5点以上の車しか販売致しません。

「修復歴車は販売致しません。」「いいものだけをお勧めします。」・・・・・どこかの中古車販売店でも言っていそうな言葉ですが、「事故車」の定義は非常にあいまいなことをご存知でしょうか?

こちらのサンプル車両①・・・・どこからどうみても立派な「事故車」ですよね。 ボンネットは折れ曲がり、ヘッドライト後ろにあるフレームが外れてラジエターを押し上げてしまっています。
実はこの車、国(消費者庁)の指定する、「修復歴車」に該当しないんです。 つまり、この車を綺麗に修理して、「無事故車」として消費者に販売してもいいと、国のお墨付きがでているんです。

他社の車両掲載媒体には「修復歴あり」「修復歴なし」の記載が義務付けられています。 そういったサイトを見ると、「修復歴あり」の車が案外少ないのに気付きます。
「修復歴あり」は、より重大な事故(足回りを支えるフレームの損傷や、ルーフの損傷)・・・・・つまり乗員スペースに迫るような大き な事故を起こした車にしか表記しなくていいルールなのです。

サンプル車両②は「修復歴車」に該当しますが、乗員は大丈夫だったのか?心配になるレベルですね。

さすがにこういった車両を「修復歴なし」で販売している業者さんは少なくなりましたが、最初の写真の車を「修復歴なし」で販売して いるところは多いのが現状です。

BODEN(ボーデン)では「修復歴車」はもちろん、
最初のような「修復歴車扱いにならない事故車」の
販売も一切禁止しています。

中古車業者間での車両の取引の場である、「オートオークション」では、非常に厳正な検査が行われていて、
修復歴はもちろん、ドアの板金歴やバンパーの補修歴まで見抜くことができます。

事故車両 1 事故車両 2

全ての出品車両には下記のような「評価点」というものが付与されます。

評価点

BODEN(ボーデン) 取扱車両 BODEN(ボーデン)では、この表の「4.5」店以上の車しか扱わないと決めているのです。 オークシオン会場イメージ01

全国103ヶ所のオートオークション(毎週数万台の出品)から厳選した車両 だけをお勧めします。

オークシオン会場イメージ02
右矢印
ランク 状態 流通量
S 当年登録・走行1000km未満のいわゆる未使用車と呼ばれる車両。
軽自動車や1500ccクラスの車両の出品が多い。
10%
5 車両の内外装に全くダメージがなく、非常に良好な程度を保つ車両。 15%
4.5 ごくわずかな飛び石・エクボ(微妙なヘコミ)・わずかな線キズ程度しかついていない良好な程度を保つ車両。ワンオーナーなど大事にされていた車両が多い。
4 2~3パネル以内のヘコミ・キズがある車両。全般的な程度は良好だが、気になる場合は2~3ヶ所の加修が必要。 30%
3.5 3~5パネルにキズ・ヘコミがある、または塗装全体の色褪せ等ダメージがある車両。ある程度の加修が前提となる。
また、外装のキズはなく、キレイな状態であっても軽徴な事故を起こしたことのある車両の場合も。
消費者庁の「修復歴」にならない事故車(3.5が上限)
25%
3 5パネル以上の加修を要す著しく程度の悪い車両。または、コアサポートの交換、バックパネル(リアバンパーのすぐ裏にあるフレーム)の交換等、中レベルの事故を起こした車両も3点となる。
2 車両全体にサビがあるなど商品としての価値が著しく低い車両など。 10%
1 ヒョウ害に遭った車両や災害で冠水した車両、エンジン換装、極度のチューンナップ等著しい改造が加えられた車両など。
R インナーフレーム(足回りを支えるフレーム)、ルーフ、ピラーなど車の重要骨格部分に損傷を負うような大きな事故を起こした車両。 10%

ランク:3.5

車両イメージ 1

「修復歴」にならない事故車

ランク:1

車両イメージ 2

津波に流された車両(冠水車)等

左矢印

ランク:R

車両イメージ 3 左矢印

評価点4.5点以上の車の流通量は全体の流通量の15%程度です。

新車納車時からほとんど傷も付けずに乗られてきた車ですので、大事にされてきた車両も多く、
ワンオーナー車や、記録簿付きの 車もこの4.5点以上の車に集中しています。

購入されてからのトラブルの発生率も必然的に低くなりますので、
BODEN(ボーデン)でお車をお買い上げいただいたお客様は安心して乗っていただけると確信しています。

Go to top